top of page

「フレイル」について。



フレイルとは、加齢により心身が老い衰えた状態を指す概念です。


具体的には、病気ではないけれど、年齢とともに筋力や心身の活力が低下し、介護が必要になりやすい、健康と要介護の間の虚弱な状態を指します。


一般的に用いられる基準として、下記5項目のうち3項目以上該当するとフレイル、1または2項目だけの場合には、フレイルの前段階であるプレフレイルと判断されています。


1、体重減少:意図しない年間4.5kgまたは5%以上の体重減少


2、疲れやすい:何をするのも面倒だと週に3-4日以上感じる


3、歩行速度の低下


4、握力の低下


5、身体活動量の低下



東京都健康長寿医療センターが2020年に発表した調査によると、入院や施設入居していない65歳以上の中で、8.7%がフレイルであるとのことです。


フレイルになると、仮に入院や施設入居していなくとも外出の機会が減り、社会とのつながりが少なくなることが指摘されています。


加齢による心身の機能低下を防ぐにはもちろん限界がありますが、できる限り健康寿命を延ばし、長く社会生活を送るための対策も提唱されていますので、ぜひフレイルについて知っておいていただければと思います。



実は、当法人では、フレイル対策の市民活動も行っております。

それが毎月第四日曜日に開催しております海岸清掃(ビーチクリーン)です。

からだに対しての効果としては

●全身を使って歩きながらゴミを拾うので運動になります。

●砂浜を歩くので足腰が鍛えられます。

●はさみを使ってゴミを拾うので握力も鍛えられます!

●意識すれば8千歩近く歩くことも。

上記項目の「1」~「5」の改善の一助となれば幸いです。


毎回参加者の半分くらいは初参加の方です。

お一人様からお気軽にご参加くださいませ。

お待ちしております。


詳細はこちら





bottom of page