top of page

さんこつにっき・7月Ⅳ・2023年


この度は代行散骨をさせていただきました。


ミニチュアダックスのわが子を見送りに港まで来られた方は、ご自身も将来的に散骨のご希望ということもあり、今回散骨することを決められたそうです。

そして「はじめての海でも安心できるようにその日の夜は近くの宿からわが子を見守りたい」と仰られていました。


散骨が終わり港に戻る際の空にはなんだか不思議な雲が浮かんでいました。元気に走り回るかのような🐶ちゃんの姿にも見えるような。あるいは犬の守り神でしょうか。


皆さまご供養のほど大変お疲れ様でした。

故人様のご冥福をうみそら一同心よりお祈り申し上げます。






☎022-200-6315






bottom of page