top of page

さんこつにっき・7月Ⅲ・2023年


生前に散骨の意思を孫に伝えていた、とお打ち合わせの際に教えていただきました。


お骨と共に北海道よりいらっしゃり、滞在期間中にお預かりして粉骨と貸切散骨を実施。お孫さん曾孫さんも揃う賑やかなお見送りとなりました。


当日は30℃超えの夏らしい天気。その分、風がとても気持ちいい。


美空ひばりさんの「川の流れのように」が流れる中、溢れる涙とともに散骨されました。


「すごく良かった。」

「3人分予約しておこうかな、ずっと先だけど。」と有難いお言葉もいただけました。


もう数日こちらに滞在したのち北海道に戻られるとのことでした。



皆さまご供養のほど大変お疲れ様でした。

故人様のご冥福をうみそら一同心よりお祈り申し上げます。






☎022-200-6315



bottom of page