top of page

さんこつにっき・4月・2023年


この度は、貸切散骨を実施しました。


少し風の強い日でしたが晴れ晴れとした空の下、出航いたしました。


東北他県や関東からもご親族様が参列。


散骨ポイントに到着するまでは飲み食いされたり、景色を撮影されたりして過ごされていましたが、いざお別れとなると遺灰の入った袋をさすりながら涙ぐむご様子も。


春の爽やかな風に乗ったあと自然に還ってゆかれた故人様。そして、手向けたお花は故人とご家族様らを癒すかのようにしばらく海面で鮮やかに浮かんでいました。



「骨壺に自分たちで収骨した骨を、また自分たちの手で海に還すのが不思議な感覚だった。実は散骨することに当初少し抵抗もあったが、これが自然なカタチなのかなとも感じた。」

「いい天気の中で気持ちよくお別れができました。」

「宗教的な縛りがない者にとっては、自然に還るのが一番良い方法なのかなと思った。」

などと仰られていました。


船上でお互いにスマホで写真を撮り合いながら終始和やかにお別れのひと時を過ごされていました。



皆さまご供養のほど大変お疲れ様でした。

故人様のご冥福をうみそら一同心よりお祈り申し上げます。




☎022-200-6315

Comments


bottom of page