top of page

さんこつにっき・1月Ⅱ・2024年


この度は、代行散骨を実施しました。


ここ数日の風の強い日とは様子が変わって、今日は朝凪があたりに広がっていました。


静かな朝日の光を受けながら出航です。




右手には七ヶ浜、左手には浦戸諸島が。冬の海はいつもよりも透き通ってます。風光明媚な島々の中を沖へ、沖へと進みます。途中、鐘島、仁王島、水島を通り過ぎながら。景色を眺めていると散骨場所に到着です。


本日も穏やかなコンディション。揺れも優しく心地良いです。


御骨を納めた袋は一袋ずつゆっくりと海へ。故人様はそっと水に溶けるように還ってゆかれます。折り鶴となったご家族様から故人様へのお手紙は生花と一緒に手向けさせていただきました。合掌。




もともと天気予報は晴れマークでしたが、少し広がる雲。それでも、遠くには、雲の隙間から海へと光が降りてきて幻想的な瞬間でした。海の果てへと敷かれた航跡はいつもの情景にまた静かに戻ってゆくのでした。



皆さまこの度はご供養のほど大変お疲れ様でした。

故人様のご冥福をうみそら一同心よりお祈り申し上げます。




☎022-200-6315








bottom of page